参加リポート/現場から

今までにない動きが出てきた

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

寒河江一博 サッポロビール・九州日田工場・生産部・副部長 〔第486回/2015年5月会期参加〕  NO.700

 高をくくって臨んだ上期「S-20」では、2VIPにすらたどり着けず、ひたすら敗北感だけを味わいました。
 その後、下期に向けて「対象」を明らかにしようと挑みますが、自分に都合よく見ている、対応に走っていると、何度も指摘されます。それでも這いつくばるように現場を調べ、疑問が少しずつ解き明かされるにつれて目標が近づいてくる感触がありました。そして下期にゴールで迎えてくれたメンバーやリーダーを見た途端、味わったことのない感動を覚えたのです。
 まさに「心に刺さる道しるべ」を得た体験でした。そして「変わるべきは自分だ」という決意を抱いて職場に戻りました。
 ビールを充填するパッケージング工程の生産管理や技術開発を担当する私にとっては、省エネルギー化や歩留まりの改善など、この工程の組織目標の達成が重要な責務です。しかし日々発生する稼働トラブルや依頼業務に対して自ら対応してしまうことで時間を費やし、現場を把握できずに対策遅れを生じさせるという問題がありました。しかもそんな状態を知りながらも、「頑張ったのだからやむをえない」とさえ思っていたのです。
 まず、今まで私がくり返していた部下への指示を止め、仕事を彼ら自身のものにしようとすることから取り組みはじめました。しかし実際はそう簡単ではなく、すぐ指示しようとする私がいます。それでもデイリーメールで読む組革研仲間の頑張りが支えとなって続けています。
 先日、私が担当していた全体会議での報告を、「今後は自分たちにやらせてほしい」と部下が言ってきました。また、構想があいまいだったため一度却下された案件を、あきらめずに部下たちが自発的にプロジェクトを立ち上げて再び検討しはじめるなど、今までにはなかった動きが出てきました。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2021.05.07        

    やっと部下は変わってくれたのか...

  • 2021.04.30        

    「わからないこと」リストアップの御利益(ごりやく)...

  • 2021.04.27        

    知らないことの”強味”が
    ――あなたたちがやるしかないんだ、と腹を括る。...

  • 2021.04.23        

    任せるという名の丸投げで失敗
    ――あなたたちがやるしかないんだ、と腹を括...

  • 2021.04.20        

    業務はできるけど、自分では動けないの?...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間