参加リポート/現場から

もがいている毎日を楽しく感じている

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

田中 修 三井造船・エンジニアリング事業本部・第一設計部・主任 〔第487回/2015年6月会期参加〕  NO.698

 組革研の会場に着くや否や、「『S-20』とは何か」をリーダーに問われて、頭が真っ白になりました。参加予定者の交替が突然決まっていやいや参加した私は、事前資料を何一つ見ずに来たのです。平静を装いながら、他の誰かが答えてくれるのを願っていました。
 その夜、今度は「わからないこと」を書く課題が出され、目標件数を尋ねられました。私は150件としましたが、上期業績が悪かったこともあり、それなりの数ではまずかろうと思って900件に訂正しました。しかし誰もそんな高い数字じゃありません。「高すぎた」とすぐに後悔しましたが後の祭り、そのまま作業がはじまりました。納期に100件、さらに残業しても全く届きません。チーム全体の目標を達成した時点で作業は打ち切られましたが、私自身は遠く及ばない結果でした。この時に初めて、自分の立てた目標は取り下げられないと気づいたのです。これまで自分が、いかに仕事を自分のこととせず、問題から逃げていたかがわかりました。
 職場では海外向けプラントの電気設計を担当しています。先輩とともにすすめる機会が多く、具体的な仕事を与えられることが多い毎日でした。
 組革研で気づいた自分の体質を変えようと決意しました。これまでは納期だけではなく、どうすすめるかまで上司の指示を仰いでいましたが、その依頼の状況がどうなっているか、すすめるためにどのような図面や書類が必要かを先に考え、詳しい計画を立てた上で、上司に相談するようにしました。すると、あまり気にしていなかった書類の意味や背景に疑問が生じ、それを意識することで納得しながらすすめられることが増えてきたのです。
 この体質に気づいていながら、目を背けていたこともわかりました。ここから脱け出そうともがく毎日ですが、今はそれを楽しく感じています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2021.05.07        

    やっと部下は変わってくれたのか...

  • 2021.04.30        

    「わからないこと」リストアップの御利益(ごりやく)...

  • 2021.04.27        

    知らないことの”強味”が
    ――あなたたちがやるしかないんだ、と腹を括る。...

  • 2021.04.23        

    任せるという名の丸投げで失敗
    ――あなたたちがやるしかないんだ、と腹を括...

  • 2021.04.20        

    業務はできるけど、自分では動けないの?...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間