参加リポート/現場から

部下の状況を見ていなかった

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

尾方一成 住友ゴム工業・人事総務部・課長 〔第480回/2014年7月会期参加〕  NO.667

 「あなたの部下は予定した新幹線に乗り遅れることがありますか?」。組革研の4日目にこう尋ねられました。確かにありません。「それは自分の問題だから。乗り遅れると自分が困るから」と聞いてハッとしました。
 部下がなかなか進捗状況を知らせてこない、遅れていることは明らかなのにその動きが変わらないことを不満に感じていました。納期ちかくなって私から尋ねると「遅れている」との答え、危ないと察した私が間に合わせようと部下に指導することも度々です。部下に納期を守らせるにはどうしたらよいか、もっと効率よくすすめさせる良い方法はないのか、その悩みを抱えて参加した組革研でした。しかし、それは部下の問題ではなく、仕事を部下自身のものにさせてこなかった私の問題だったのです。
 職場に戻ると、中堅の部下の一人に対し、そのつど私から問い合わせることを止めました。そして毎週開かれる朝礼を利用し、本人の課題の進捗状況と困っていることを報告させるように変え、状況を聞いた後はできるだけ彼に任せて私が口出しをせず、その様子を見ることに徹しました。すると半月ぐらいした頃から、朝礼以外でも彼が状況を報告し、日に何回も相談してくるようになったのです。
 以前と異なる変化を目にした私は、他の人にもこれを拡げてみました。課題の目的をよく話し合って任せましたが、一週間後に聞いてみるとほとんどすすんでいません。新入社員の彼は、目的は頭で理解できたのですが、具体的にどう動けばよいかわからず悩み続けていたのでした。
 思えば中堅の部下へは、ハラハラしながら彼の動きを見ていたのです。しかし一度うまくいったことで安心したのかもしれません。「対象」である部下の様子を見ていなかったことを悔やみました。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.09.29        

    「変な上司がきたなぁ」

  • 2020.09.25        

    やり切った体験が…

  • 2020.09.23        

    「あれどうなった?」

  • 2020.09.18        

    間違っていなかった

  • 2020.09.15        

    新人の頃のがむしゃらさを再び…...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間