参加リポート/現場から

事実から始まる

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

豊田祐二 住友ゴム工業・岡山タイヤテストコース・第三実験部職長 〔第452回/2011年2月会期参加〕  NO.105

 現場へ行ってみようか。組革研で事実を見ずに独りよがりな解釈をして、手痛い目にあったことを思い起こしました。
 業務品質向上活動の推進委員をしています。自分たちの職場の問題は何か。 組革研OBのリーダーや10人ほどのメンバーと一緒に2週間に1回のミーティングを続けていました。しかし誰もが言葉少なく、問いかけてもうなずくばかり。停滞した雰囲気でした。
 そんな中タイヤの騒音を測定する実験で、一定の速度で車を走らせなければならないのに、人によっては速度維持の誤差範囲が大きく、正確なデータが得られず困っているという話が聞こえてきました。
 どうしたら測定許容内の速度を保ち続けることができるだろうか、速度維持のできる人とできない人では何が違うのか。メンバーと話し合いましたが何もわからず、現場へ行くことだけが決まったのです。
 担当者に話を聞いたり、実際に自分たちで走行テストを繰り返していくうちに、事実に基づいた議論が湧き起こってきました。
 自分はこうしている、と走行時の目線や「惰行」するポイントについて話したメンバーがいました。彼のデータは規定速度内に収まっています。それは、他のメンバーの誰も気づかなかったことでした。
 測定の精度向上にきっとつながるはずだ!
 効果の解析が始まりました。もっと良くしていけることがあるのではと、現在も活動を続けているところです。
 ただ、皆とこの業務を「何とかしたい」という思いだけで動いています。まだまだ成果と言うにはほど遠いですが、想像、勘で動かない。しっかりと事実を掴むために現場へ出る。常に言い聞かせています。

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間