キャンパスリーダーの独り事

「わかっていない」ことの意識化  No.77

IMG_4981.JPG 組革研原体験の大事な一つは、自分の仕事の「対象」についての研究、すなわち「対象がどうなっているか」を明らかにすることである。そのすすめかたの入口は、それについての「わかっていない」ことを余すことなくリストアップすることだ。世上の常識とは真逆のアプローチである。小中高大の学校教育の中にこのような学修過程があっただろうか。「わかっている」ことだけの学修過程ばかりだ。企業内も同様であろう。
 森羅万象、「わかっている」こと知れたもの、「わかっていない」こと限りない。しかも今日、前者については獲得しやすく、後者についてはその発想すらない。
 対象についての「わかっていない」ことの余すところなき意識化は、課題達成にとって、きわめて重要なアプローチである。もとより余すところなきの完全は不可能と言うべきだが、それを追い求めるところにこそ、事の全体像に迫る過程が生じてくるからである。さらに、「わかっていない」ことをわかろうとする頭の働きが自ずと生じてくるからである。
 「わかっている」と思ってしまっている人と「わかっていない」と思っている人の、いずれが人間として上の状態であろうか。
 余すところなきへの接近法としては、その多件数を求めることだ。「わかっている」ことを出させられるのには苦心を伴なうが、「わかっていない」ことならばそれはぐっと楽になる。組革研では、一人あたり300~400というところであろうか。私がかかわっているある企業では、自分の仕事の最大対象である「顧客がどうなっているか」について、数時間で1,000件を書き上げた若い女性がいた。そのほとんどは誰にも答えられないものばかりであった。

14.12.15.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.07.04        

    満足して終わる日はなくなった...

  • 2020.06.30        

    トライ&エラーをくり返していく...

  • 2020.06.26        

    危機感の無さと闘っていく

  • 2020.06.23        

    机のマットに「三逆リーダー」図を挟み込んで...

  • 2020.06.19        

    「最初からは思うようにいかない」...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間