キャンパスリーダーの独り事

教育大変革の夜明けか?  No.37

CL320no37.JPG フィンランドといえば教育先進国としても知られる国家だ。それがOECDの学習到達度調査においてその地位を下げてしまった。その事態に対して同国の国家教育委員会のピトゥカラ委員長が「『先生が教える』から『生徒が学ぶ』という文化に変える」と語っている、と昨年暮の朝日新聞は伝えていた。
 やっとだなぁとこのニュースに気を良くして迎えた年明け、先に続けるかのように、元旦から6日までの朝日新聞第一面のトップは「年間企画・教育2014」と題して、改革の新生面を連載した。その中軸となっていたのが4日の「『教わる』からの卒業」。「近代の学校は大勢の生徒を一度に教えるスタイルをとってきた。(それを)一人ひとり学ぶ場」に変革しようとするものである。
 その第一が「反転授業」。「事前にパソコンなどで講義ビデオを視聴し、授業では個別に反復学習や練習問題をする」。第二は「協働学習」。班で1台の端末を囲んで頭をつけあい、子どもどうしが議論しながら学んでいく。ここで主要なことは、正解のない問題が少なくないことだ。デンマークのウレスタッド・フリスコーレなどでは「どの教科でも教科書はほとんど使わない。自分たちで調べ、議論し、答を出すのが基本」になっているという。
 事前の講義ビデオを[直面する諸問題]に置きかえたら、チームワーク学校(子どもたちのための組織革新研究会)とそっくりになってくる。「数百年続いた『先生が教える』文化が『生徒が学ぶ』文化に変わりつつある」とヘルシンキ大学のシントネン准教授が言っているそうだ。
 教育大変革の夜明けが近づいていると見てよいのだろうか。だとすると、私の積年にわたる主唱が日の目を見ることになる。初夢で終わらないことを祈る。
 今までの日本でも、教育改革論はことあるごとに国家の大テーマとなってきた。しかしその中味は言葉とは裏腹、例えばゆとりがどうのこうの等であって、教える文化の枠内での匙加減に終始した。無理もない、その枠内で育った人たちの発想なのだから。
 「学ぶのやらせ」は学ぶに非ずして今までの授業のバリエーションにすぎない。「学ぶ」のキーポイントは学ぶ側の[その気]と[ニーズ]だ。子どもたちの中にそれらが生まれるようにするのは、容易な業ではない。そこで教師に求められるものは、教え力よりもマネジメント力である。
 そのような大変革、一直線に事をはこぶのはまずは不可能だ。必ずや大問題にぶつかるであろう。そのときにはチームワーク学校での発想とやり方を見てほしい、と言ったら我田引水も過ぎるだろうか。

14.1.28.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.12.13        

    やりかたから自分達で考えさせた...

  • 2019.12.12        

    自分で体験することが大事だ

  • 2019.12.11        

    自分を変える事で、その先が見えてくるはず...

  • 2019.12.10        

    自分は正しいと思い込んでいた...

  • 2019.12.09        

    私が部下の邪魔をしていた

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間