キャンパスリーダーの独り事

小なれど小に非ず  No.29

CL320no29ho.jpg
 野球を見るのはあまり好きではないと先週の独り言に記したが、それでもたまにはテレビ観戦はする。見ていてとても目障りなのが、プレーヤーがよく唾を吐き捨てることだ。監督までもだ。
 狩猟生活民にとっては森は神だった。相撲にとって土俵は、力士が全力でフェアプレイに挑む神聖な場だ。塩で清めることこそすれ、唾など間違っても吐かない。野球のグランドは土俵に等しかろう。
 唾を吐くのはプロ野球に限るようだ。それも昨今に至って目立ってきた。以前から、アメリカ・メジャーリーグのプレーヤーたちは、ガムをくちゃくちゃやりながらこれをよくやっている。こんなむさい行為は彼らの専売特許だと思っていたら、いつの間にか日本のプロ野球界に輸入されたらしい。甲子園に出場する高校選手たちは、グランドの土を宝のように持って帰る。プロ野球人たちよ、何もかもメジャーリーグの物真似をするのではなく、少しは高校野球に見習ってはいかがか。
 マラソンランナーのコース上での飲水の容れものの投げ捨ても目障りだ。走るコースは、相撲の土俵と等しく、神聖な場であろう。適当な間隔に塵入れを用意してはいかがか。グローバルスタンダードによってそれはできないということか。
 野球もマラソンも、多勢の子どもたちが目を凝らしているのですぞ。吐き捨ても投げ捨ても、日本人の伝統的な美意識に逆行する。大仰に語れば、日本人のアイデンティティを蝕みはしないか。
 事は小なれどそれは小に非ずだ。

13.11.23.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.07.10        

    やっと少し変わってきた
    ――今度こそやり抜く(後編)...

  • 2020.07.07        

    自分の弱さと職場で向き合う
    ――今度こそやり抜く(前編)...

  • 2020.07.04        

    満足して終わる日はなくなった...

  • 2020.06.30        

    トライ&エラーをくり返していく...

  • 2020.06.26        

    危機感の無さと闘っていく

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間