キャンパスリーダーの独り事

マスコミに潜む負の一端  No.25

no25CL320274.png  私は「マスコミ」を手放しで信用することはない。いい加減さが目に付くからだ。その典型の一つが、料理屋の紹介本・番組である。中でも世をあげて騒がしたのは、6年前の『ミシュランガイド・東京版』の発刊であった。
 なにしろ本家本元のパリでは、その星数を減らされて自殺したシェフがいるなどの風説が流れるほど権威化されたガイドブックである。日本でそれが出るというので、テレビ局や新聞、雑誌は挙って取り上げ、そのパーティーには国交省大臣までが参加したそうだ。
 食いしん坊の私はさっそくこの本を手にした。そして頁をめくってわが目を疑った。その出鱈目ぶりに。私があまり間をおくことなく通っていた二店の天ぷら屋が唯二、共に天ぷら界の最高ランクに評価されていたのである。そのうちの一店については文句なく同感だ。だがもう一店についてはとんでもない、私の勉強部屋の近くだというだけで、しかたなく利用していた店だった。このような見かたは私に限らない。このガイドブックが発行された1か月後の『文芸春秋』誌上では、某料理評論家が「驕るな、ミシュラン」として、数々の例を挙げて酷評していた。
 この本に対する私の批評はきわめて主観的なものであった。某料理評論とて同じだ。しかしこのたび、まあ客観的とでもいうべき事態が出てきた。阪急阪神ホールディングズが経営する「ザ・リッツ・カールトン」における7年間にわたる「料理偽装?」である。
 『ミシュランガイド』は同ホテルをべた褒め、ずうっとホテルの最高ランクに位置づけている。この現象はあらゆるマスコミに潜んでいる負の一端を示していると思う。

13.10.29.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.12.13        

    やりかたから自分達で考えさせた...

  • 2019.12.12        

    自分で体験することが大事だ

  • 2019.12.11        

    自分を変える事で、その先が見えてくるはず...

  • 2019.12.10        

    自分は正しいと思い込んでいた...

  • 2019.12.09        

    私が部下の邪魔をしていた

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間