キャンパスリーダーの独り事

「対象満足」と「自分満足」  No.22

CL東京M09271.jpg 明日から第474回組革研。そのためのリーダーミーティングを先ほど終えたところだ。その場で私がリーダーの人たちに課題としたことは、「仕事満足」と「部下満足」である。(念のため記しておく。部下満足とは部下の「自分実現」を指している。)
 人間の日常は対象に対応していくことの連続である。仕事ともなれば100パーセントがそれであって、対応が志向するところは「対象満足」である。
 リーダーの対象は仕事と部下である。したがってリーダーの使命は仕事満足と部下満足にあるのだが、企業からリーダー体験にやってくる人たちのほとんどは、「自分満足」に走る。企業内のリーダーの立場にある人の体質が現われてくるわけだ。
 自分満足への走りは二側面となって現われる。一側面は「自己防衛」。もう一側面は「親分・先生意識」。この二つの凄まじさには驚嘆するばかりだ。
 リーダーの人間としての満足を否定しているのではない。逆だ。大肯定しているのである。我われ人間の満足には二種がある。「直接実現」と「間接実現」とでも言おうか。直接もたらされるそれとぐるっと回って間接にもたらされるそれである。
 後者の満足のほうが大である場合のほうが多いと、私は思っている。

13.10.7.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.12.11        

    自分を変える事で、その先が見えてくるはず...

  • 2019.12.10        

    自分は正しいと思い込んでいた...

  • 2019.12.09        

    私が部下の邪魔をしていた

  • 2019.12.06        

    前提が変わろうが、決めたことは必ずやる...

  • 2019.12.05        

    逃げ出したい、でも「とにかくやってみよう」...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間