キャンパスリーダーの独り事

「何が原因で『自分が変わる』ことができるのか」
―― ご質問に応える①  No.64

320CLno64.jpg 去る7月の組織革新研究会/定期報告会でのご質問、当日お見えいただけなかった派遣者の方がたのために、その代表的なものを選んで、このコラムでお応えしていきたい。
 最初の今回は、「組革研に参加して何が原因で『自分が変わる』ことができるのでしょうか」である。
 組革研のキャッチフレーズは「変わる原体験」だ。このフレーズに込めている私の思いは、まずはその人自身が変わり、それが組織に作用して波紋を拡げていくことにある。
 この「変わる」だが、きちんと言えば、自分の現状から変わるということであり、さらに掘り下げて申せば、「本来の自分の発見、そして復活」ということに尽きる。人間は、元より主体的、創造的、個性的な存在だ。それがこの数十年にわたる飽食社会×管理社会の中で、それら元よりを失いかけて今日に至っている。そのような人びとの症状を私は、ヤブロンスキーの言葉を借りて「ロボット症」と呼んでいるのだが、組革研体験によって人びとは、我が身のそれをずしんと悟ることになる。
 参加者をしてこの意識領域に迫るものが、組革研での、一般的な企業内とはおよそ異なる「人・仕事関係」すなわち、人と仕事とのかかわり合いかたであり、それを生み出すマネジメントである。この中で、否応なく人びとは、主体的、創造的、個性的に動かざるをえなく、ひたすらそのように動くことによって、いつの間にか忘れていた本来の自分に再会し、その自分を再発見することによって、自己の生命体としての息吹きを実感するのである。
 やや格好をつけて表わせば、以上が実態だと思う。「わしにはこんな力があったんだ!」という参加者の発言がそれを象徴しているのではなかろうか。

(追記)とは言え、「参加させても変わらないのがいる。なぜか?」のご質問もあった。その種の人は二種のタイプに分けられるようだが、それについては来週のことにする。

14.9.2.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.06.02        

    後戻りはしません

  • 2020.05.29        

    「もっと」をどん欲に

  • 2020.05.26        

    自分を変えるため、自分の動きをどんどん変えていく...

  • 2020.05.22        

    見て見ぬふりをする自分に気づく...

  • 2020.05.19        

    同じにやっても結果は真逆

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間