キャンパスリーダーの独り事

「課題」と「リーダー」が人を動かす
  ――「状況」との相互作用・補  No.207

207CL.jpg  人びとが動くのに大きく作用するものは 「状況」だと記してきた。 それに関連してもう二つ、 「課題」と 「リーダーという人間」を追加しておかねばならない。 いわば、人びとと課題との相互作用、人びととリーダーとの心の相互作用である。
  挑戦的な 「課題」は、人びとを生々しい状況に直面させ、人びとと状況との相互作用を促進していくことに機能する。 課題ゆえに、その達成途上で、今までは見えなかった状況と出会うからだ。 『状況が人を動かす』の第四章に紹介したアイシン精機工機工場における諸活動の課題のことごとくがこれだ。
  もちろん、ここでいう課題とは、リーダーの思いのこもったもの、それが人びとにとって達成したいものになっているものを指している。 形式的、事務的なものではない。
  「リーダーという人間」の存在については言うまでもないが、人びとと状況との相互作用、課題との相互作用をもたらすのも、けっきょくは、大本はリーダーなのである。
  問題やトラブルが発生する。 あるいは顕在化する。 それへの対応の中に、リーダーという人間の心と、リーダーを通じてその組織集団の文化が現れてくる。 その目に見えないものに、人びとは感動し、共感していくのだ。
  人びとの魂に語りかけうるものは、リーダーという人間の心であり、熱い思いである。 策ではない。 そろばん片手に人びとの心を揺さぶり続けることはできない。 逆な立場で考えればすぐわかることだ。 いわんや、事務的なつじつま合わせであってはならない。
  ( 『状況が人を動かす』第五章より抜粋、少し加筆)

17.10.17.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間