キャンパスリーダーの独り事

真正面から向き合って
――リーダーという「人間」・4  No.196

196CL.jpg  「夢」「熱い思い」に続くリーダーという 「人間」に欲しいものの三つめは、 「仕事と部下のための存在であるという自己意識」、したがって、部下と真正面から 「向き合っていく」ことである。
  〝下〞を、うまく操縦していこうとするのではなく、また躱(かわ)したり往(いな)したりすることなく、人間として 「向き合って」交わり、人間の火花を散らしていくことである。
  もちろんときに衝突ともなろう。 衝突を好む人はいないがしかし、企業内は言うに及ばず、学校であろうが家庭であろうが、問題を抱えていながら衝突のない組織なんて、蟻の社会以外にはない。 あったとしたら、それは贋組織だ。
  ところがこれまた、日本人が最も避けたがることなのだ。 とぼけようが偽ろうが、ぶつかり合わないで器用にやっていくのが大人だというわけだ。 ぶつかり合いを罪悪とする人もいる。衝突回避を至上命題とし、贋ものの和気あいあいで繕っていこうとする。 会議の場ではもの言わずその部屋から出たとたんに反論の独り言をやっている人がいた。 某電気機器メーカーの企画室長であった。 居酒屋での声はこのオンパレード。
  組革研で私がエネルギーの多くを費やさざるをえないのもここだ。
  ぶつかり合いは、避けるべきものではなく、乗り越えるべきものではないか。 人間としてのぶつかり合いかたの叡智は、我われの種子の中に宿っているはずだ。
  今、この社会の人びとが奥深いところで最も飢えているものは、お互いの本気さ、人間として真直ぐにぶつかり合っていこうとする魂ではないのかと、私には思えてならない。
  子どもたちが、大人の用意したものに反応を示さなくなっているのも、それどころか、大人たちの社会に不信感さえ抱いているのも、行き着くところこれだと思う。 贋ものは〝下〞によって必ず見破られてしまう。 「うちの生徒は、そういう大人の社会を完全に見抜いていますよ。 だから、若ものが無気力になってしまうんです。 『大人たち、あんなに偉くなったって俺たち以下だろう』となっているんです。 子どもたちは凄いですよ、人間としてきちっと生きていきたいというものがありますから」と言うのは、先週の深谷校長である。

  因みに記しておく。 組革研でのミーティング手法である 「個全システム」は、換言すれば 「向き合いシステム」である。 「ぶつかり合いシステム」と言ってもよい。 巷での会議・ミーティングが 「すり合わせシステム」であるのとは対照的だ。 このところこの手法に企業人の関心が集中しているらしい。
  (『人を人として』第五章三より抜粋、加筆)

17.7.4.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間