キャンパスリーダーの独り事

“仏”と“鬼”と
― リーダーの構え(1)  No.148

148CL.jpg
  リーダーの構えには、外見上は相反する二つがある。 “仏” と “鬼” である。前者を母親的、後者を父親的と表現してもよい。 と言っても後者は、一、二世代まえまでの父親ということになろうか。
  “仏” の構えとは、優しさ、褒める、励ます、認めるなど、どちらかと言えば情的なものを指している。 これらは実に肌触りのいいものであって、人間ならば、その程度はともかく、これに接して感動しない人はいないであろう。 私もその例外ではない。
  偽仏が横行しているが、そんなものは論外だ。
  “鬼” の構えとは、 「易きを許さない」 という、どちらかと言えば理的なものを指している。 人びとをして 「やらざるをえない」 ところへと追い込んでいくという、 「人を人として」 の人間観から生じる構えである。
  我われは、追い込まれると、やらずともよい理由、できない理由を並べたててはいられなくなる。 言い訳をして済ませてはいられなくなる。 問題と闘うか逃げるかの二者択一に迫られることになる。
  多くの人は奥底では逃げるよりも闘いたいと願っている、と確信してよいのではなかろうか。
  そのような日々には山あり谷あり、悪戦苦闘も多々あろう。 このような中では、“生産的” 欲求は “消費的” 欲求に負けてはいられない。 否応なく、眠っている 「人間力」 の種子はたたき起こされていく。 それによって、発見に驚くことがあろう、何かを生み出して感動に身震いすることにもなろう。 あるいは、力足らずしてか運悪しくしてか、達成できなくて悔しい思いをするかもしれない。 しかしその悔しさは、次なる力を生み出す。 そこにまた言い知れぬ心の波動が残る。 己の存在を実感し、人生の臨場感を味わうことになる。
  リーダーの仏の構えからも鬼の構えからも共に、人びとに感動が生まれる。 その点では同じだが、この両者がその先にもたらすものは逆だ。 その逆が、人びとに甚大な影響を与えていくことになる。 それは、仏によるそれが他から与えられる感動であるのに対し、鬼によるそれは自足の感動であるというところにある。
  感動を求めて、我われ人間は生きている。 日々、その連続でありたい。 仏に馴らされた人はそれを、己の内に生み出すことはできず、他に待つことになる。 仏の構えはつまり、人びとを弱いものにしかねないのだ。 鬼に馴れた人はそれを、たえず己の内で生み出そうとしていく。 鬼の構えはつまり、人びとを強いものにしていくことになるのだ。
 ( 『人間力』 第七章六より抜粋にごく少し加筆)

16.6.28.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間