キャンパスリーダーの独り事

うまくいかないから、うまくいく  No.127

no127CL320.jpg
 「波風を立てろ」とは、組革研では今も盛んなリーダーに対するスローガンだ。組革研とは無縁だと思われるが、同じ言を佐々木幹夫さん(経団連副会長、三菱商事社長・当時)も社内でモットーとしていたようだ * 。 
 問題がなければ起こせばよい、とは何と乱暴な話しだと思われるだろうが、問題化するのはそこにそういう素地があるからであって、それに点火するだけ、潜在しているものを顕在化させるだけのことである。初代キャンパスリーダー・小林茂さんは、組革研でのマネジメントを「チームマネジメント(Team Management)」と呼んでいたが、「TMとはトラブルメイキング(Trouble Making)」と言い換えたりもしていた。
 組革研では “ 火付け ” が常道となっている。問題のないところに火が付くことはない。絶対に。いわんや問題が現れたら、これ幸いと捉えて、それを大きくすることだ。大きくすればするほど、うまくいっていない状況がみんなに生々しく迫り、人びとはそれを実感しやすくなり、自ずとそれとの相互作用が始まるからである。大きな問題になるのは元々大きな事だからだ。小さな事が大きな問題になることはない。
 組革研で私は、ブロックあるいはチームにトラブルが起きると、そこに関してはまず一安心ということになる。毎会期のことだが、そのようなブロックやチームは、必ずといっていいほど後のち素晴しくなっていく。
 うまくいかないからうまくいく、のである。
* 日本経済新聞(2000.1.10.)
(『人間力』第六章二より抜粋、少し加筆)

16.1.25.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2019.07.04        

    なんとかして打開策をみつけなければ...

  • 2019.07.03        

    わからないことを自分の力で明らかにしていく...

  • 2019.07.02        

    自ら現場へ足を運ぶようになってきた...

  • 2019.07.01        

    どうしたら彼らがもっと力を発揮できるのか...

  • 2019.06.28        

    「一覧一望」を習慣づけるようにしている...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間