キャンパスリーダーの独り事

唯一無二の途/頭力を強くする・その1  No.94

no94CL320.jpg 体力を強くするにはどうするか。体を休めることではない。休めていたら、体はやがてぶよぶよになってくる。逆だ。使うことだ。それもできるかぎり限界まで。過ぎたるは及ばずだが大ざっぱに言えば、使えば使うほど強くなる。できることや容易なことだけをやっていたのでは体力は伸びない。スポーツや筋トレを思い浮かべればすぐわかることだ。
 そうすることが体力upの唯一無二の途だが、これを言い換えると「楽をすることではなく苦をすることだ」ということになる。
 では、頭力を強くするにはどうするか。頭力とは考える力を指す。記憶する力ではない、念のため。体力の場合とまったく同じである。「我に七難八苦を与え給え」と言った戦国武将・山中鹿之助を思い出す。
                 □
 誰もが、体力にもまして頭力を強くしたい。にもかかわらず人びとは、楽を求めて苦を避けようとする。私もその一人だ。よく聞くところの「人間らしく」なる言も、楽を与え、与えられることを指していることが常だ。それが社会通念となってしまっている。
                 □
 頭力upに適う「場」はどこか。仕事こそが、これまた唯一無二とでも言うべき最高の場だと思う。仕事では、成果を上げねばならない。できなかった理由は総て言い訳となる。ときに修羅場にも遭遇する。苦しむ。そこから脱け出そうと、有らん限りの頭力を総動員して頭を使うことになる。学校教育の中にはそのような場は無い。知識の注入を原理としているからだ。そのような中では、記憶力の総動員はあれど思考力が総動員されていく本番はない。
 仕事の場とは何とありがたいものであろうか。頭を限界ぎりぎりまで使うことを”強制”してくれるからである。そのうえ、人の役に立ち、達成感に与かり、お金がもらえるのだ。
 哲学なき仕事観の氾濫が無念でならない。

15.5.10.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.02.26        

    遅れを許さない

  • 2020.02.25        

    思わず過去の自分が出てきてしまう...

  • 2020.02.21        

    提案をしないまま自分から退くことはしない
    ――常に全力を出し切る自分であ...

  • 2020.02.20        

    本当の「3現」がわかった
    ――常に全力を出し切る自分でありたい(前編/全...

  • 2020.02.19        

    「自分ばなれ」と闘って

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間