キャンパスリーダーの独り事

悔しくて泣くぐらいの思いを  No.86

CL2no87.jpg 「現地現物調査など、これまで見ず知らずの10人が肉体的にも精神的にもふらふらになって行なった。この苦労は3日目には10人+リーダーの強い絆となり、このチームで競合相手に勝ちたいと、本気で思うようになった。
 そのS-20下期だが、すべてのVIPで競合ペアに売上げをとられてしまっていた。最後の望みをかけてゴールまで全力で走ったが、すでに競合ペアは3分前にゴールしていた。
 出迎えてくれたチームリーダーが『(がんばってくれて)ありがとう)』と言ってくれた。『すみません』と返した瞬間に、涙が溢れてきて止まらなかった。
 悔しくて泣いたことなど、社会人になってからなかった。20年以上もない。仕事で失敗して悔しい思いはしても泣くことなどなかった。なぜ今こんなにも悔しいのかは、単純だ。本気でこのチームで勝ちたかったからだ。そして気付いた。これまでの自分は仕事に『本気』で取り組んでこなかったのだ。
 ここで誓いたい。『仕事は失敗したら泣くぐらい悔しい思いをするよう本気で行う、そして、いつか大きな成功を得る』と。」
 以上は、先々週の組革研2月会期に「メンバー参加」した大岩康弘さん(楠本化成・技術本部応用開発部係長)の体験記である。
 組革研では、世に言う報酬の類は何もない。給料もなく、ご馳走にありつくこともない。何かの資格が身に付くわけでもない。それどころか、いわゆる楽の反対だ。「仕事」に迫られて寝る時間まで削り、食事もそそくさだ。
 でも人びとは、前記の心情に達するのである。もちろん個人差はある。感受性に深く傷を負っているらしき人もいる。
 企業の経営層に申したい。あなた方は給料を払っていながら何をやっているんですか。                   

15.3.2.

脱・「三逆リーダー」
新着 記事・お知らせ
  • 2020.05.29        

    「もっと」をどん欲に

  • 2020.05.26        

    自分を変えるため、自分の動きをどんどん変えていく...

  • 2020.05.22        

    見て見ぬふりをする自分に気づく...

  • 2020.05.19        

    同じにやっても結果は真逆

  • 2020.05.15        

    「個全システム」に初めての部下たちの姿を見る
    ――自分事として向き合う職...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 脱「三逆リーダー」

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 「個全システム」によるミーティング革新

    藤田 英夫 (著) 発行:ダイヤモンド社 発売:ダイヤモンド社


  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間