参加リポート/現場から

こんなに熱い男だったのかと圧倒された

投票する

「いいな」と思われたら押してください。

石川史朗  三井造船特機エンジニアリング 機械設計部 計装電気課 主任  〔第501回/2017年2月会期参加〕  NO.1074

1074ishikawaHP.jpg
  「ロボット症」 「指示待ち」 「部下を道具にしている」。 職場をふり返りながら聞いたこれらの言葉が胸に突き刺さりました。
  組革研に参加するまえ、私はメンバーに細かい指示ばかりしていました。 そうすることでメンバー自身が責任を感じて動きが変わり、その結果、売上げに繋がっていくと思っていたのです。 しかし実際には、退職するシニア世代からの技術伝承が遅れ、さらに顧客の作業依頼の減少も加わって売上げ目標を達成できない状態が続いていました。 自分は間違っていました。
  職場に戻った私はすぐ、今後は部下の世話をやかないと決意しました。
  しばらくして、顧客から新たな作業依頼がありました。 これまで私自身も経験したことのない内容でしたが、思い切ってメンバーの一人に任せることにしました。
  数日後、突然顧客から呼び出されました。 「時間がかかっているのにアウトプットが出てこない」 「すすんでいる状況がわからない」。
  任せたと言った手前、このクレームをメンバーに伝えるのはとても憂鬱でした。 しかしこのまま放っておくわけにはいきません。私は顧客から言われた言葉をそのまま彼に伝えました。
  すると、彼は遅れさせたことを素直に謝りましたが、その直後、 「もう少し検証すれば絶対にうまくいきます」と自分がすすめている状況を猛烈な勢いで語ってきたのです。 こんなに熱い男だったのかと圧倒されました。 間もなく、心配されていたこの業務の完遂への道筋が見えてきました。
  自分の問題として取り組むメンバーの姿を見て、自分の世話やきがどれほど彼らの力の芽を摘み取ってきたかと考えさせられました。 今では、技術伝承の問題も彼らの力によって絶対に解決できると確信しています。

新着 記事・お知らせ
  • 2017.04.27        

    頼りないと思われることを恐れず部下に聞いていきたい...

  • 2017.04.26        

    「化粧はがし」の五つの方法
    ――「状況」が人を動かす・2...

  • 2017.04.26        

    担当外の業務まで飲み込みそうな勢いですすめている...

  • 2017.04.25        

    メンバーが力を出しきれないのは私の責任...

  • 2017.04.24        

    文句を言われていたメンバーが一目置かれる存在になった...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間