キャンパスリーダーの独り事

「事実の代替化」/「化粧はがし」の第2キーポイント
――「状況」が人を動かす・4  No.189

189CL.jpg  事実をありのまま見た後は、その事実をありありと 「再現」することである。 状況の事実は、時間的にも空間的にも雑然と存在している。 それらを 「一覧一望」できるように取り揃えなければならない。そのための再現である。
  この段階で、ありのまま見た事実の生々しさを著しく落してしまったのでは、台無しになってしまう。 もちろん、事実そのものを持ち込めれば文句なしだが、ほとんどの場合それは無理。 そこで、それを再現するための工夫が必要になってくる。 事実の代替化、即ち、何らかの表現手段によって、事実の代りをさせなければならないわけだ。
  事実の代替手段には、いくつかのレベルがある。 生き物を例にして生々しさの弱い順に並べてみると、言葉 (その名前)―絵―写真―標本―生きている実物、ということになろうか。 いや、これとて視覚だけによる表現であって、他の要素を入れたらそれこそ際限がなく、最後には哲学的領域にまで入ってしまう。
  そこで実用上、ほどほどに止どめることになるわけだが、たとえ半歩でも生々しくに近づき、事実をありありと代替しうるものを選びたい。
  多くの場合、ビデオ、写真、絵、図などのビジュアルなものがよく、やむをえない場合にのみ言葉ということになる。 とにかくそれらを総動員することだ。
  ビジュアル化しようとすることには、もう一つ大きなメリットがある。 事実であるかないかのチェックができるということだ。 つまり、事実をビジュアル化するのはやさしいが、観念、解釈や評価、感想など、人工処理されたものをビジュアル化するのは、芸術的アプローチの場合を別にすれば、不可能にちかい。したがって、自ずとその区別ができることになる。
  言葉は、汎用性も高くこの上なく便利だ。 だが代替能力は最低である。 言語形態は共有できるが、それが意味する中身はきわめて共有しにくいからだ。 極端な場合には、同じ言葉を反対に受け止められることさえ起こる。 したがって、言葉に全面依存するのはかなり危ない。
  福井商工会議所が、県内の企業人348人を対象に言葉のイメージ調査をしたことがある。 その中の2、3を拾い出してみるとこうだ。 「『大勢』とは何人?」に対する回答では、最多が1万人で最少は4人。 「おじさんというと何歳以上?」では78歳と22歳。 「長電話」に至っては10時間と2分間、なんと300倍もの開きがあった。 言葉とはこんなものである。
  ( 『人を人として』第六章二より抜粋)

17.5.15.

新着 記事・お知らせ
  • 2017.07.25        

    会社に大きく貢献していると言われる存在を目指したい...

  • 2017.07.24        

    調べた 「対象状況」を、会議でもっと深く掘り下げていきたい...

  • 2017.07.21        

    彼らの思いを風化させず、さらに拡げていくことが私の責務...

  • 2017.07.20        

    大きな課題をまえにして無意識に 「対策病」が出てしまった...

  • 2017.07.19        

    我われ人間は強制だらけの中で生きている
    ――「強制」のありがたさ・2...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間