組織革新研究会のコンセプトと対象者

組織革新研究会は...、人びとにフリーズされている「人間力」に点火して再生し、「仕事力」を飛躍させる場です

人びとの「仕事力」

method_image_01

人びとの「仕事力」を図式化すると、上のようになると考えられます。
 ●Aは、急には変わりません。
 ●BとCは、一変できます。
 ●Dは、A、B、Cさえまともであれば、容易に獲得できます。
すなわち、BとCのいかんによって、人びとの「仕事力」はぐーんと飛躍するのです。

組革研は一人ひとりのBとC、すなわち
 ■その気(やる気、自主性)に点火する場です。
 ■意識(見かた、考えかた)を変革する場です。

人と組織の動きは一変する

method_image_02

それは、人びとにフリーズされている「人間力」に点火し、再生されることによって、はじめて実現します。

組織革新研究会とは、

 人間に天与の力を、「人間力」と「道具力」とに分けて人びとの動きを見詰めてみると、「人と組織」問題の核心が浮き彫りになってまいります。
この両者は、心の働きいかんによって、わけなく識別できます。
 お粗末な「その気」と「意識」という、人びとの今日の一連の状態は、人間力がフリーズされ、道具力によって動いている人びとが示す典型的な症状であって、このような現象を「ロボット症」とよんでおります。ロボットには心の働きがないからです。

「毎日」という強烈な訓練の場

 我われはその「毎日」の中で、必要とされる力だけを出します。使う力は伸びるし、使わない力は衰えます。足腰はもちろん、脳の老化は脳を使わないことが原因だと、先端科学は語っています。
 ということは、人びとの現状は、その人のこれまでの「毎日」がどうあったかの結果を示している、ということになります。いいかえますと、人びとの「毎日」は、その人がある種の状態になっていく強烈な「訓練の場」である、ということになります。
 ロボット症とはすなわち、その「毎日」からもたらされるもの、その人の人性ではなく、「意図されざる訓練」の結果としての現象なのです。
 その「毎日」を支配しているものが、「人と組織」に対するマネジメントであるわけです。
 ここからの脱出の途は、今や”上下”すなわちマネジメント側と本人側、この双方から、これと闘っていく以外にはありません。

concept_image_01

80パーセントはリーダーにあり

 まずは、マネジメントの立場から。
 問題の80パーセントは、リーダーのありように掛っております。
 リーダーは、仕事と部下の命運を左右する立場にあります。職場の望ましからざる状態の多くは、リーダーさえまともであれば何とかなるものです。
 そこに気がつくと、人と組織の問題は即リーダーの問題であることがわかります。

concept_image_02

自分では自覚できない恐ろしさ

 そして人びと、つまり本人の立場から。
 ロボット症には、二つの比類なき恐ろしさがあります。一つは、自分ではそうと自覚できないこと、痛くも痒くもないからです。もう一つは、始末の悪いことに、だめなところだけは依然として人間であるということです。
 自分自身がそこに気づくことさえできれば、脱出への方法はいくらでもあります。
 ”上下”双方が「変わる」に出で立つ場として、この組革研は存在しているのです。

実体験する場

本ものの仕事 ― 日常以上の切迫感のある仕事組織活動を、「リード」(管理とは対照的な第三のマネジメント)の下、実際に展開します。
その中で一人ひとりが、「変わる」原体験、すなわち、

  1. 己れの人間力(主体的、挑戦的、創造的、個性的な力)によって仕事を遂行していくという、実体験をします。
  2. 自分の職場の「人と組織」変革の途を、心と頭と体を総動員して掴みとります。
新着 記事・お知らせ
  • 2017.10.19        

    自分一人だけですすめていた間違いを痛感した...

  • 2017.10.18        

    「課題」と「リーダー」が人を動かす
      ――「状況」との相互作用・補...

  • 2017.10.18        

    同じところに止まっていた自分が嘘のように思える...

  • 2017.10.17        

    「わかっているつもり」を徹底的に取り払う...

  • 2017.10.16        

    「リード」は職場の流れに逆行すると決めつけていた...

  • 研究会へのお申込み
  • デイリーメール 登録・変更
  • 組革研スケデュール
  • 組革研アーカイブ
パンフレット・発行物のご案内
  • 不感症体質に挑む「人間力」全員経営

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 経営の創造

    藤田 英夫 (編) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 第3の組織論

    小林 茂 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力をフリーズさせているものの正体

    藤田 英夫 (著) 発行:シンポジオン 発売:創英社/三省堂書店


  • 人間力―そこにどう火を点けるか

    藤田 英夫 (著) NTT出版


  • 人を人として―指示待ち人間を目覚めさせるもの

    藤田 英夫 (著) PHP研究所


  • 「状況」が人を動かす―管理からリードへ

    藤田 英夫 (著) 毎日新聞社


ページの先頭へ

組織革新研究会について

組織革新研究会の5日間